アメリカの高校生、そば打ちを体験@  (2006年6月16日)
    
● アメリカの高校生がそば打ちを体験しました

・日時:2006年6月16日
・場所:広野市民センター

日本語教育の一環として、メリーランド州の高校生25名と教諭3名が来日、関西学院大学の学生が企画したプログラムで行動していました。
当日は、「蕎麦さろん三田」のメンバー7名が、関学生6名を含めた、総勢34名に手打ちそばを指導しました。
カタコトの日本語、カタコトの英語混じりの会話をしながらも、何とか食べれるそばが完成、早速、出来たての手打ちそばを味わいました。
アメリカ人の食に合うかと心配していましたが、何度もおかわりする人が続出、そばの美味しさを実感してもらいました。
良い交流の場となりました

その模様が、翌日の朝刊に掲載されました。
読売新聞
神戸新聞


トップページへ